40代転職成功までの全体の流れ

転職成功までの全体の流れ

 40代の転職の場合、応募先と自分とのマッチングを考えることが非常に重要となります。企業が40代転職者に求めるのは、即戦力であるということと「求めるスキルや実績を持つ人材」だということです。管理職の経験がある、特別な資格やスキルを持っている、特定のプロジェクトをこなした実績があるなど、40代の転職者に求められる企業側の条件は、シビアで具体的なものとなります。そして、このことを踏まえた上で、転職活動の流れをくみたてることが、成功への鍵となるのです。

 

1.プランを作る

 40代の転職では、何より企業とのマッチングが重要となります。そのため、転職のための計画を立てる際には、企業の目線で自分の経歴をチェックすることをおすすめします。

 

 自分が今までどのような実績を積み、どのような業務を行い、スキルを身につけてきたのかを整理することで、今後、どういった企業に応募すべきかが見えてくるはずです。

 

参考記事

 

 

2.転職サイトの情報を集める

 40代ともなると「年齢的な制限のため、希望条件に合った求人が見つけ辛い「と感じる方も多いようです。確かに、40代を対象とした求人の数は20代30代と比較すると少ないというのが実状です。

 

 しかし、近年、経験豊かで実績のある中高年を対象とした求人案件が増加傾向にあります。但し、これらの情報はリクナビNEXTやリクルートエージェントといった、大手の信頼性の高い転職サイトに集中する傾向にあります。

 

 求人情報誌やハローワークなどで思うように情報収集できないという方は、是非、リクナビNEXTやリクルートエージェントなどのサイトを活用してみて下さい。

 

参考記事

 

 

3.希望の会社を探し応募する

 40代の方の転職でよく耳にする悩みに「実力や経験に自信があるのに、書類選考が通らない」といったものがあります。中には、書類選考に落ち続け心が折れてしまうという方もいらっしゃるほどです。

 

 しかし、40代の転職の場合は実力や経験が十分でも、相手側企業が提示するスキルや条件とマッチングしなければ採用されることはありません。会社探しや応募の際には、自分の実績や経験が相手企業の求めるものと一致しているか、十分に確認することを心がけてみて下さい。

 

参考記事

 

 

4.面接を受ける

 40代の転職者に対する求人企業のニーズは「目標管理能力や経営視点を求めるタイプ」「柔軟性、適応性が高く、即戦力を求めるタイプ」に大別されます。そのため、応募した企業がどういったニーズを持っているのかを事前に確認した上で、慎重な準備を行っておくことが成功の鍵となります。

 

 また、年齢に関する後ろ向きな発言や、自分のキャリアをひけらかすような姿勢は、面接を大変不利な状況へ導いてしまいますので、重々注意しておく必要があります。

 

参考記事

 

 

5.退社届けを出し、入社準備をする

 40代からの転職の場合、勤続年数が長いため、退職時にトラブルが起こりやすい傾向にあります。特に管理職、役職者の方の場合、退職時期を誤ると大きな問題を引き起こしてしまいますので、転職の計画を立てる際、退職時期を考慮した上、余裕を持たせたスケジュールを組み立てておくことを強くおすすめします。

 

 また、福利厚生や保険などの各種制度で受けていたメリットや資格も退職を機に失われますので、それに関する手続きも早め早めに行っておくことが重要です。この手続きが遅れてしまうと、転職先での手続きに支障が出る場合もあるため、十分な注意が必要です。

 

参考記事

 

 

 

 

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント