40代は逆質問でアピールしよう

40代がアピールするための逆質問とは

 40代はプレイングマネジャーなど、個人だけでなく組織運営を通して、企業の業績をアップすることが求められるケースが多いものです。だからこそ、逆質問を活用し、自分を印象付ける努力をすることをおすすめします。

 

 例えば、「業績改善のアイデアを思いついたら、それを発信して推進していくことが許される社風ですか?」「競合企業からシェアを奪うために、どんな戦略をとっているのですか?」「会社の組織図を拝見しましたが、今回のポジションは他部署とどのように関わることになりますか?」など、入社後の実務を想定したことを聞いてみましょう。

 

 

40代のNGな逆質問とは

 では、してはいけない逆質問の例も、あげておきましょう。「転職後も現在の給与水準は維持できますか?」「御社の福利厚生制度の詳細を教えてください」「御社の離職率は何%くらいですか」「業務上のノルマを教えてください」など、自分のメリットを確認するための質問は、企業の採用担当者に心証を悪くします。

 

 40代の転職は、自分にとってのプラスだけでなく、企業で役立つという視点で進める必要があることをしっかり認識し、適切な逆質問は何かを事前に考えて、本番に臨んでください。

 

 

参考記事

 

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント