40代が志望動機で伝えるべきこと

40代の志望動機の組み立て方

 

 20代から30代前半の若者であれば、応募企業で自分がやりたいことを、志望動機にすればすみます。ですが、40代での転職ともなれば、そこには「応募企業で貢献したい」という思いを込めることが不可欠です。

 

 自分より若い世代と比較すれば市場のニーズはとても小さい、そう考え、40代にふさわしい志望動機を組み立てなければいけません。

 

 そのため、応募企業や募集職種のどこに魅力を感じたのか、自分がこれまで培ってきたスキルやノウハウを活かして、どのような貢献ができると考えているのかを、合わせて志望動機として語れるように、しっかり組み立てておきましょう。

 

 もちろんそのスキルやノウハウは具体的なものであり、客観的なものである必要もあります。抽象的なものや主観的なもののみでまとめられていれば、そこに説得力はなく、例え熱意はあったとしても受け入れてもらうことは難しくなってしまうでしょう。

 

 

40代の志望動機でNGなこと

 

 それなりにキャリアと実績を積んできた40代が転職活動を行う際、不採用になる理由の筆頭に、「自信過剰なこと」があげられます。特に大手企業から中小企業、ベンチャー企業に転職するときに起こりがちなようです。

 

 もし、あなたの志望動機の中に「前職の経験を活かせば、御社を急成長させられる」「転職サイトのスカウトメールや転職エージェントの紹介があったので」という文言があるなら、まずその態度を改め、即座に修正してください。

 

 40代で、管理職としての採用であったとしても、会社が変われば新入社員ですから、既存社員や職場になれる協調性が必要です。志望動機でそういう姿勢がないと判断されるのは、マイナスしかないと自覚しましょう。

 

 

キャリア以上に重要視される“企業のこと”

 

 これまで培ってきたスキルやノウハウなど、キャリアの部分を志望動機に盛り込まなければ、採用担当者の心に引っかかることはないでしょう。しかし、志望動機でキャリア以上に重要視されるのは、企業のことをどれだけ知っているかです。

 

 「業績が良いと思ったから」、「雰囲気が良さそうだったから」、「求人情報に書かれていた条件や待遇が良かったから」、「企業の理念に共感したから」、「商品やサービスが好きだから」なんて理由では、これも採用担当者の心に引っかかることはないでしょう。

 

 ちょっと調べたらわかるような部分ではなく、入念に企業研究をしたからこそ知り得た情報を志望動機に盛り込むことを怠ってはいけません。それが全く見えないような志望動機であれば、「採用する価値なし」と見なされてしまうはず。

 

 他の企業に対しても言えるような志望動機にならないよう意識すれば、「入社したい!」という強い気持ちを伝えることができるでしょう。

 

 

参考記事

 

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント