40代がよく聞かれる質問とは

想定回答をつくってから面接に臨もう

 面接でよく聞かれる質問と言えば、「自己紹介」「志望動機」「転職の理由」があげられますが、40代特有の質問もあります。それは、「当社があなたを採用するメリットは何か」「あなたにとって仕事とは何か」「今後のキャリアをどう考えているのか」というものです。

 

 企業にとって採用は投資ですから、いち早く回収できるに越したことがないと同時に、企業に定着する人材を選びたいと考えるものです。それを確認するための質問に対して、満足のいく回答を用意しておくと、ライバルに差をつけることができます。

 

 

質疑応答を通してコミュニケーションをはかろう

 例えば採用担当者に、「あなたは仕事に対して、どんなふうに取り組んでいますか?」と聞かれたとき、あなたなら何と答えますか?40代の応募者に対し、漠然とした質問を投げかけるのは、コミュニケーションスキルを試すための手法です。

 

 答え方には、自分の仕事の価値観になぞらたり、入社後の意欲をアピールしたり、応募企業の社風や理念にマッチするようにするなど、さまざまな手法があります。面接の中で、採用担当者が評価するポイントを探りながら、応募企業について下調べしてあることを伝えられる回答ができるように、準備しておきましょう。

 

 

参考記事

 

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント