職務経歴書で見られるポイントとは

職務経歴書でアピールすべきこと

 

 職務経歴書では、履歴書に書ききれなかった、あるいは、過去の仕事の経験や実績を詳細に記載することで、自分を企業にプレゼンしなければなりません。

 

 40代ともなると、手掛けてきた仕事はいろいろあるはずですが、募集職種に関わる仕事のキャリアと実績を中心に、自分が培ってきたスキルを記載するようにしましょう。

 

 つまり、キャリアの棚卸し後、重要な部分をピックアップすることが求められるのです。これは企業ごとに行わなければならない作業でもあります。応募企業や職種に合わせた職務経歴書に仕上げなければ、「面接に呼んでみよう」とは思ってもらえないでしょう。

 

 また、新しい技術を習得し使いこなす姿勢や、環境の変化に柔軟に適応してきた経験、中間管理職として経営陣と若手の間で協働してきた実績、仕事に直結する資格の習得や、マネジメントスキルをアップするための自己啓発なども、40代のアピールポイントになります。

 

 

キャリアアップを目指す職務経歴書の書き方

 

 これまでと同じ業界や職種でのキャリアアップを目指すなら、職務経歴書はキャリア形式で書くことをおすすめします。これは、募集している仕事内容にマッチする職務経験や業務内容を、プロジェクト単位でまとめるという書き方です。自分の売りに着目してもらうことができるため、40代のようなそれなりのキャリアを持っている人にはぴったりの形式と言えるでしょう。

 

 担当した期間と業務内容、自分が担った役割と成果、業務推進のために工夫したことなどを記載することで、専門スキルだけでなく、コミュニケーションといったヒューマンスキルのアピールにつなげることもできます。

 

 キャリア形式とは別に、編年体形式と呼ばれるフォーマットも職務経歴書にもあるのですが、これは、キャリアを時系列に並べるという書き方。時系列なので相手に自分の経歴を一目で伝えられる点が大きなメリットです。もしこれまでに転職経験がないのであれば、この方式で、「一つの会社に長く勤めることができる」とアピールするのもいいかもしれません。

 

 

職務経歴書は読みやすさ重視で

 

 職務経歴書で最も見られるのは、間違いなくキャリアです。実績や技術などをチェックされるのは間違いありません。しかし、それらをどう伝えるのか、ここを意識しなければ、立派な実績や技術を持っていても採用担当者の目には留まらないでしょう。

 

 主張したい部分や自信がある部分に関してはできるだけ上の方に記載し、重要な箇所は文字を大きくしたり四角で囲んだり下線を引くなどして強調しておくこと。

 

 これだけでも読みやすさが変わります。読みやすければ、それだけ内容がスッと入ってくるもの。採用担当者の印象にも残りやすくなるのです。行間は詰めすぎず、プロジェクトごとに行間を空けるなどメリハリをつけることも忘れずに。箇条書きを取り入れ、より読みやすくする工夫もしておきましょう。

 

参考記事

 

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント