履歴書で見られるポイントとは

履歴書が書類選考最初の関門!

 

 40代だからこそ、履歴書と職務経歴書の違いを理解して、ビジネスマナーにそった書き方で提出できて当たり前と、企業の採用担当者は考えています。そのビジネスマナーがなっていない、と思われないためにも、特に常識の有無が表れると言われている履歴書の作成には力を入れるべきなのかもしれません。

 

 最近は手書きではなく、パソコンで制作した履歴書でもOKな企業が増えてきました。それでも特に問題はありませんが、市販の履歴書用紙を使用しない場合は、入れるべき項目をはしょることがないように注意してください。資格を持っていないから資格欄をはしょる、学歴に自信がないし転職希望だから学歴欄ははしょる、なんてことがないようにしましょう。

 

 誤字脱字がない、和暦と西暦が混在していない、募集職種に関連する免許や資格が記載されている、企業ニーズにあった志望動機が書かれている、希望条件欄には簡単な自己アピールが記載されていることが、絶対条件です。

 

 何もない時には、「特になし」と書けば良いと考えているかもしれませんが、40代でそうした欄があるのはあまり良しとはされません。きちんと全ての項目欄に何かしらを明記するようにしましょう。

 

 

履歴書でアピールすべきこと

 

 企業の採用担当者は、送られてきた応募書類すべてに、丹念に目を通すわけではありません。履歴書を読んで、採用条件に合っている、あるいは魅力を感じる人材だと感じたら、初めて職務経歴書を読み込みます。

 

 そのため、履歴書の志望動機欄や自己アピール欄に、職務経歴書を読んでみたくなる“仕掛け”をしておくことが大事になります。そこで必ず記載してほしいのが、応募企業、あるいは募集職に役立つスキルやキャリアについてです。

 

 志望動機にメンタルのことにしか触れていないなんて、40代ではあってはなりません。「やる気はあります」とだけしか書いていなければ、「やる気はあるけど、スキルはないんだな」と思われても仕方ないでしょう。

 

 何ができるのか、それを入社後、どの部分に活かしたいと考えているのかを、自らのキャリアと照らし合わせながら具体的に書き上げていく、そんな工夫や仕掛けが志望動機や自己アピールの欄には必要になってくるのです。

 

 職歴の欄にも軽くスキル等を書くようにしておくと、より効果的。ただ勤めた会社を記載するだけではなく、役職、取得した資格、大きなプロジェクトなども履歴書の職歴欄に書いておけば、「職務経歴書を詳しく見てみたい」と思ってもらえるはずです。自分の強みと企業のニーズがマッチすることを、履歴書で印象づけましょう。

 

 

参考記事

 

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント