休職中の転職活動はアリだけど…問題も出てくる可能性アリ

休職中に転職活動するのは可能か

 

 現在休職している人は、きっとさまざまな理由や事情からそのような状態になっているのでしょう。会社に行くのが嫌だ、上司と顔を合わせたくない、そんな思いが募り休職状態となっている人が、その間に転職を考えるのも、決して不思議なことではありません。

 

 そもそも休職中に転職活動を行うことは可能なのでしょうか。可能か不可能かで言えば、可能です。法律的にももちろん問題はありません。

 

 現在勤めている会社にこのまま復帰するのは困難であり、復職しても結局はその会社を辞め転職することになると、そう自分の将来について確信しているのであれば、休職中に転職活動をするのも止むを得ないのかもしれません。

 

 しかし、実際に転職活動に乗り出す前に、就業規則だけはチェックしておくべきでしょう。これも禁じている企業は多くはないと思いますが、休職状態でもあなたのために企業が幾らかの負担を強いられていることを考えれば、その対策として何らかの規則が定められている可能性もなくはありません。

 

 休職状態で就業規則をチェックすること自体が困難かもしれませんが、トラブルを避けるために、今一度確認しておくことをお勧めします。

 

休職中の転職活動が不利になる可能性

 

 休職中の転職活動は可能であり、やむを得ないケースもあるとは思いますが、あまりお勧めできるものではないことも、併せてお伝えしておきます。なぜなら、休職中に動き始めることが、あなたにとって不利な状況を生んでしまう可能性が否定できないからです。

 

 転職活動をすれば、入社希望先の企業の面接を受けることになります。そこで、「現在、休職中です」と言ったら、相手はどんな思いを抱くでしょうか。

 

 「なぜ復職ではなく、転職するのか」、「休職しているということは、健康状態や精神状態に問題があるのではないか」、「採用して、再び休職されたら困る」など、疑問や不安を抱くはず。こうなれば、すんなりと採用されるには至らないでしょう。

 

 もし休職中に転職活動を行うのであれば、このあたりへの対策も抜かりなく行っておく必要があります。休職状態に対するどのような質問を投げかけられても答えられるようにしておきたいですし、相手の不安要素を取り除くような説得力のある言葉や表現を用意しておかなければならないのです。

 

 休職状態が転職活動にとって不利なものとなる可能性があるからといって、それを隠して活動を進めていくのもリスクが高い。バレてしまった時に何を言っても、相手にとっては言い訳にしか聞こえないからです。やはり、相手が納得するような言葉をあらかじめ用意しておくことが求められそうです。

 

転職先でも休職してしまうリスクあり

 

 面接担当者がそう思わなかったとしても、実際に新しい会社で働き始めれば、再び休職状態に陥ってしまうことが考えられるかもしれません。

 

 休職するに至るにはさまざまな理由や事情があるだろうと最初に述べましたが、それらの理由や事情を解決・排除する方法として転職を選ぶこと自体が間違っていると考えるべき。

 

 転職が必ずしも問題の解決になるとは限らず、問題が解決しないまま転職をしても、同じことを繰り返してしまうリスクは無くならないでしょう。

 

 転職を考えるよりも、まずは休職状態から復帰し、元気よく働けるようになることを目指すべきなのかもしれません。あるいは一度退職してから、再び働けるような身体とメンタルにしてから転職活動を開始させた方が、あなたにとっても有意義な選択となるはずです。

 

 焦ってこの選択を間違えないようにしてください。本当に転職したいのか、それは逃げではないのか、転職活動や転職後の仕事に耐えられるのか、これを冷静に考えながら正しい選択肢を選ぶようにしましょう。

 

参考記事

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント