転職のタイミングをはかろう

転職にもタイミングがある

 

 転職市場で求人が増えるのは、年度末にからむ3〜4月と、夏の賞与後で半期決算期であることの多い9〜10月というのが定説です。

 

 この時期に退職するひとが多い、あるいは、新事業を開始する企業が多い為、人員補充を目的とする求人が増加するのですが、同時に応募者が多くなる時期でもあることも知っておかなければいけません。

 

 それでも、求人が増えるこれらの時期を重要なタイミングとして転職活動を展開するのも、考え方の一つとはなるでしょう。40代は、決してニーズがないというわけではないですから、求人が増えれば、それだけ応募できる企業も増加し、結果的に採用率が高まることが想像されます。

 

 40代の転職であれば、これまでのキャリアを活かせる、同業界・同職種のケースが多いでしょうから、業界の転職市場動向をリサーチして、タイミングをはかるのも一つの方法です。

 

 

勤務先のタイミングも考慮しよう

 

 特に在職中に転職活動を始める40代の場合、勤務先を退職するタイミングを見計らうことが必要です。通常、40代ともなると役職がつき、組織運営をしているものです。

 

 そうした企業の屋台骨が退職するとなれば、企業側に多大な影響を与えます。後任人事のために、採用活動をしなければならない場合、引き継ぎ期間も長引く可能性がありますので、自己都合だけでなく、勤務先の都合も配慮しなければなりません。

 

 決算期や会社の繁忙期は避けるなど、勤務先への配慮が必要です。また、ボーナスを受け取ってから辞めるかどうか、このタイミングの計り方も重要になってくるでしょう。受け取ってから辞めるという選択肢もあれば、会社に迷惑をかけないために、ボーナス支給前に辞めるというのも一つの考え方。

 

 役職に関しても同様です。もう少し勤めることで昇進できそうであれば、それを待ってから転職活動を開始するという考え方もありますし、やはり会社に迷惑がかかるからと、昇進前に転職するという考え方もあるでしょう。

 

 退職のタイミングをはかりながら、転職活動を進めるようにしましょう。そうした配慮が、円満退職への道筋をつくります。

 

 

結局は自分の心の持ちよう次第

 

 転職市場で求人が増える時期、あるいは、勤務先での立場や状況などを考慮して転職のタイミングを計る、これが求められるのですが、しかし、結局は自分の心の持ちよう次第なのかもしれません。

 

 「本当に転職したいのか」について考えてみましょう。その気持ちが本物であれば、その時こそ絶好の転職のタイミングとなるはず。まだ迷っていたり在職中の企業に対して後ろめたいなどの気持ちがあるならば、それは絶好のタイミングとは言えないはず。

 

 転職への気持ちが固まっていれば、今すぐに行動すべきです。求人が増える時期まで待つことで気持ちが変わったり、辞められない状況に追い込まれてしまうかもしれません。それでは意味がない。転職のタイミングというのは周囲に大きく左右されるというよりも、自分自身で決めるものであると思っておきましょう。

 

 

参考記事

 

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント