自分の市場価値を知ることが成功の秘訣

40代の市場価値は個人差が激しい

 

 40代の転職は、若いころのように簡単にはいきません。というのも、人件費の高い40代を採用するにあたっては、企業側が求めるスキルや結果も大きくなるからです。

 

 つまり、転職活動に成功するか否かは、応募者個人の市場価値が高いかどうかにかかっているという側面があるということです。会社の規模や職位、仕事への取り組み姿勢などで、積んできたキャリアも実績も変わります。40代は決して市場価値が高いとは言えないため、それをまずは自覚することが求められるでしょう。

 

 また、社内評価がどんなに高くても、それが社外にも通用するとは限りません。まず、自分の転職市場での価値を知り、それを踏まえたうえで、活動計画をたてることをおすすめします。

 

 

自分の市場価値を知る方法とは

 

 転職活動を始める前に手軽に状況を知りたいなら、転職サイトが提供している「適職診断」「年収診断」などを行ってみることをおすすめします。インターネットでのこうしたツールは積極的に活用すべき。お金もかからず、しかし意外と的確な市場価値を判断してくれるものです。自分の年代と職種による、現在の転職市場の傾向も把握することができます。

 

 こうしたツールを使う時には、幾つかのサイトを利用することも忘れずに。一つだけで正確な判断が出されるとは限りません。複数の結果を総合して自らの価値を判断しなければならないのです。

 

 自分個人の市場価値を知るためには、転職サイトのスカウト機能の活用もおすすめ。これに匿名レジュメ(履歴書や職務経歴書のようなもの)を登録しておくことで、企業からのスカウトを待つことができるサービスがスカウト機能です。そうして企業のスカウトを待ってみれば、スカウトの数や企業の社会的価値によって、自らの価値を客観的にうかがい知ることもできるはずです。

 

 転職エージェントのキャリアコンサルタントにアドバイスを求めるのも、自分の市場価値を知るためには非常に有効な手段。これも客観的な視点を知ることができるため、是非、活用してみてください。

 

大事なのは市場価値を知った後

 

 自分の市場価値をあらゆる方法・手段を活用して知ることはもちろん大事なのですが、転職活動にそれを活かせるかどうかは、自分の価値を知った後の考え方や行動がとても重要。それら次第で転職が成功するか失敗するかが決まってきてしまうのです。

 

 まずは、その客観的な自分への評価を受け入れること。「自分にはもっと価値があるはずだ」と思っていては、次に進むことができません。それを受け入れた上で、その価値にあった転職活動を展開していきましょう。妥協することもそうですし、業界を変えるのも一つの選択肢として出てくるはずです。

 

参考記事

 

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント