現職を続けながら転職活動をする際の注意点はありますか。

現職を続けながら転職活動をする際の注意点はありますか。

 

転職活動をする場合、現在の仕事を続けながらした方がいいと言われます。

 

その方が、転職の成功率が高まるからですが、
仕事と並行して転職活動を行うときにはどんなことに注意したらいいのか、
気になるものですよね。

 

もっとも注意すべきなのが、
「だらだらといつまでも転職活動を続けないようにすること」です。

 

現在の仕事を続けている限り、収入の不安はありませんし、
焦って結果を出す必要はありません。

 

そのため、どうしても緊張感を欠く転職活動になってしまい、
いつまでも結果が出ないということになりがちなのです。

 

転職活動をしていれば、どうしても現在の仕事に専念するわけにいきません。
ですから、延々と活動を続けることになると、
今の仕事に悪い影響が出かねません。

 

「転職先も決まらない。現在の仕事もうまくいかない」ということになっては大変です。
そこでおすすめしたいのが「転職を決める時間目標の設定と、スケジュールの作成」です。

 

転職のゴールを、たとえば「半年後まで」というように設定しましょう、
そして、そのゴールに向けたタイムスケジュールを作成するのです。

 

転職サイトに登録するところからスタートして、いつごろまでに基本的な情報収集をし、
いつごろから具体的に動き始めるかというような流れを、
大まかでいいので決めておきましょう。

 

そうした時間的な目安を作っておけば、実際の活動がスムーズにいきやすくなりますから、
結果、転職の成功率も高まるに違いありません。

 

ただし、その目標設定はあくまでも任意のものですから、
それに精神的に縛られることがないように注意する必要があります。

 

「なにがなんでも半年後までに決める」という縛りがある中での活動は、良い結果につながりません。
そこはある程度、ゆるく考えたほうがいいでしょう。

 

そのほかの注意点としては、
たとえば「転職活動に会社や職場のパソコンを使わない」というようなことがあります。

 

上司にチェックされて、転職活動していることがバレてしまうというリスクがあるからですが、
現職の仕事を転職活動はきちんと分けて活動したほうが、良い結果が出やすいということもあります。

 

現在の職場に転職活動を持ち込まないという意識を持つようにしましょう。上記を参考に、ぜひ、効果的な転職活動を行ってください。

 

その他の質問:
転職エージェントの3つのメリット
40代だとどれくらいの期間で転職できるでしょうか?
転職に有利な人ってどんな人ですか?

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント