転職における面接対策はどうすればよいでしょう

転職における面接対策はどうすればよいでしょう

 

 

まずは自己分析から始めよう

 面接では、たったの1時間で自分という人間を最大限にアピールして、相手から、この人と一緒に働きたいと思われなければなりません。

 

 では、そのためにどのように自分をアピールする必要があるのか。これには、まず自己分析をしっかりと行うことがあります。基本的には、仕事上と生活上の分析を行います。

 

具体的な自己分析
  • これまでの業績と実績、マネージメント経験、プロジェクトなどの経験から自分の強みと弱み、アピールポイントを書き出します。
  •  

  • 何をしている時が自分は一番充実感があるのか、仕事に対する取組み姿勢などを挙げます。
  •  

  • 同僚や家族から、自分はどのような人間だと思われているのか客観的な視点を確認します。

 

面接の準備・企業研究をしよう

 自己分析が終わったら、面接対策として自己紹介、自分の強みと弱み、退職理由と志望動機、入社後の展望について準備をします。ここでは、自己分析で出た回答を最大限に盛り込みます。

 

 ただし、相手に理解してもらえるように端的にまとめて、自分という人間を最大限アピールできるようにします。

 

企業研究をしてこそ、「意欲」は伝わる

 企業研究とは、「自分がこの仕事を任されたら」という“入社後の働く自分”をシミュレーションするために行うものです。

 

 自分の経験や能力がどう生かせるのか、足りない部分をどう補っていくのか、事業や仕事のどこに面白みを感じるのかといったことを真剣に考えることに力を注いでください。

 

 そうすれば、入社の意欲が自ずと湧き、志望動機も「自分の言葉」で伝えられるようになるでしょう。

 

 事業や仕事内容のどこに“面白み”を感じるか。この視点を忘れずに、応募する企業をしっかりと研究してください。

 

面接を成功させよう

 実際の面接では、身だしなみを整えて時間厳守で企業に行きます。企業を訪れた時点で面接が始まっているという意識を持ち、社内にはいったら丁寧にあいさつをして指示に従います。

 

 面接は、自分を最大限に理解してもらおうとする場ですから、相手の顔をみながら結論から回答して、その理由を述べるようにしましょう。

 

 面接官は、考え方や人となりを知りたいので、深堀した質問をすることもありますが、常に丁寧に回答するとよいでしょう。

 

面接五訓
  • 積極性を見せよ
  • …意欲を見せねば内定は勝ち取れない

     

  • 何事もポジティブに
  • …「過去より未来」の前向きな姿勢

     

  • 誠実・素直な応答
  • …面接には等身大の自分で臨むべし

     

  • 落ち着きを忘れるな
  • …緊張して当然、冷静さを保つ工夫を

     

  • 自信を持て
  • …充分な準備が大きな自信を生む

 

 

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント