会社から引き止めにあったら、「引き止めは無駄」であることを示しましょう

引き止められると予測しておく

 

 会社からの引き止めにあった時、上手くかわすためには、事前に「引き止められるであろう」と予測しておく必要があります。急に引き止められても、なかなか適切な対応をするのは難しい。予測あってこそ対策が練られるものなのです。

 

 予測というよりも、「退職を願い出たら、必ず引き止められる」と思っておくようにした方がいいのかもしれません。もし引き止められなければ、それはそれで取り越し苦労で終わるだけ。特に損はないでしょう。

 

 しかし、そう思わずに引き止められれば、それに上手く対応できずに、あたふたしてしまうばかり。引き止めはあるもの、そう思っておいてください。

 

 また、会社から引き止めにあうことを前提として動く必要もあるため、できるだけ早めに退職の相談をしたり、それを願い出たりするようにしましょう。早めに伝えておけば、仮に引き止めがしつこかったとしても、転職のスケジュールに与える影響は少なくて済みます。

 

退職までの日程を提示

 

 これもできれば会社からの引き止めにあう前にしておきたいのですが、退職までの日程を決め、それを会社に提示しておきましょう。もちろん、引き止められてからでも一定の効果はあるので試してみてください。

 

 退職までの日程を自ら決定し、それを提示することで、「引き止めには応じず、退職することに変わりはない」という意志を暗に示すことができます。つまり、この動きが会社側に諦めてもらうためのキッカケとなるのです。

 

 どうしてそのような日程になったか、その理由も添えておくと、より効果的でしょう。「転職先への入社日が決まっており、これは変更できない日程である」などと伝えておけば完璧です。

 

 もちろん、この退職までの日程の中には引き継ぎや、その他必要な作業を行うためのスケジュールも組み込まれていなければいけません。自分を中心とした日程ではなく、会社の都合なども配慮し、迷惑や不利益が生じないようなスケジュールになっていなければ、上司を説得することはできないはず。

 

 また、取引先などがあり、そうしたところとも常に仕事をしているような人は、よりこの退職までの日程やその内容に不備がないように注意しておきたいところ。ただ退職までの日程を提示すればいいのではなく、その具体的内容にこそ引き止めを回避するポイントがあることを覚えておきましょう。

 

退職に向けた作業を着々と行う

 

 退職する意志を伝えたら、あとは着々と退職に向けた作業を行うだけ。

 

 会社から引き止められても、その作業をストップさせることがないようにしてください。手を止めれば、まだ退職を迷っているかもしれない、と会社側に思わせてしまうでしょう。そうなると面倒ですから、どんな状況になっても、退職に向けた作業だけは続けなければなりません。

 

 これは、無言の主張ともなります。その姿を見て、それでも強引に引き止めようとする会社は少ないはず。また、退職に向けた作業に一切手を抜かないことで、より相手を諦めさせる効果が得られます。

 

 もしどうしても退職時期を延長して欲しいなどと言われた場合には、容易には受け入れることは避けたいものの、「もうこれ以上は延期できない」という日付を決め、その範囲内で受け入れるのであれば検討してもいいのかもしれません。

 

 引き止めを回避するためには、こうした譲歩も時には必要。譲歩の仕方を誤り、相手の都合ばかりを飲んでいてはこちらが不利になってしまうので気をつけたいところですが、ギリギリの交渉を行った上で相手に譲歩するのであれば、それはむしろ円満退職にも繋がる賢い対応となるのではないでしょうか。

 

 

参考記事

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント