円満退職のうえで転職しよう!

40代は円満退職すべき

 

 40代ともなれば、管理職を担うひとも多く、あなたが退職することで、組織や部下に負担をかけることになるという現実があります。

 

 それまでに培ってきた人的ネットワークを継続するためにも、情報源になりうる現職との関係を良好に保つためにも、円満退職できるように段取りするのが、優秀なビジネスマンというもの。むしろ、40代ならそうしたビジネスマンでなければ困ります。

 

 転職計画をたてるときに、退職までの必要な期間も算出し、段取りを組みましょう。それが円満退職にするための第一歩となるはずです。

 

 

円満退職のためにすべきこと

 

 日本には、退職のしきたりがあります。 特に40代であれば、直属の上司が経営陣であることも多いので、余計に会社全体の影響を考慮しながら、退職の段取りを進めなくてはなりません。

 

 就業規則に則り、希望退職日に退職するために、どんなプロセスが必要で、どのタイミングで退職の意向を伝える必要があるのか、きちんと計算したうえで実践するようにしましょう。慰留されたり、後任人事のための採用活動に時間がとられる場合、自己都合で強引に話を進めると、円満退職が難しくなります。

 

 仮に内定が出ても、転職先の都合だけでなく、退職までのスケジュールを考慮して、入社日を決定する配慮が不可欠だと覚えておきましょう。また、納得してもらえる転職理由も、事前に用意しておきましょう。

 

 

円満退職のためには我慢も必要

 

 円満退職を実現するためには、我慢をしたり妥協をしたりといったことも求められます。退職までの計画を立てたり引き継ぎ作業を抜かりなくやっただけでは円満退職とはならないこともしばしばあるので、できるだけ我慢・妥協することも受け入れながら、喧嘩別れなどをしないように心がけましょう。

 

 例えば、余っている有給休暇の扱いについて。退職時にこれを一気に取得・消化しようとする人がいますが、企業側からしてみれば、退職する者のこの行為はたまったものではありません。円満退職したいのであれば有給休暇の取得・消化は諦めるか、あるいは最小限にとどめておいた方がいいと思われます。

 

 後任人事や引き継ぎのために意図せずそうなってしまったのであればしょうがないのですが、例えば、ボーナスをもらってから辞めようとあらかじめ考え計画し、もう辞めてもいいタイミングであるにもかかわらずボーナスが出るまで居座るようなことも、円満退職を考える上ではあまりいい行動とは言えないでしょう。

 

 もし自分のエゴ等を通すことばかり考えるのであれば円満退職はない、それを認識した上で転職に向かっていかなければいけません。

 

 

参考記事

 

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント