転職前に必ず身につけておきたい上司に対する3つのスキルとは?

厚生労働省の発表によると、3割以上の新卒就職者が3年以内に会社を辞めていきます。5年以内であれば40%?50%ほどになると言われています。下の図を見ていただければわかるように、転職の理由は様々です。

 


出典元URL:http://daigaku-wm.com/article101

 

しかし、私はあえて言います。転職する前にあなたが今の会社で、できる事はないでしょうか。

「在籍している会社がとんでもないブラック企業であり今やめないと鬱になってしまいそうだ」そういう場合は仕方ないでしょう。ただし、多少の不満があっても仕事を続けていけそうなら、今の会社でやれる事はいくらでもあります。

 

特に上司との関係は、自分の評価に直結するので重要です。転職しても行く先々で、上司との関係が悪化するようでは結果的に転職を繰り返す事になってしまいます。

 

今回はそうならないために、「転職希望者が、転職前に身につけておきたい上司に対する3つのスキル」と題し、私からあなたに向けたアドバイスを書いていきたいと思います。

 

上司の人間性に左右されない

図の前職の離職理由を見ていただくと、「職場の人間関係がつらい」7番目に入っています。

 

2番目の離職理由に「仕事上のストレスが大きい」が入っていますが、この中に「上司との人間関係」も含まれると思います。

 

本来、上司は人格者でリーダーシップがあり、部下の面倒見がいいのが理想ですが、そのような上司はせいぜい全体の20%です。つまり残りの80%は理想的ではない上司という事になります。

 

そのような、理想的でない上司もしくは理想とはかけ離れた上司と仕事をする上で、一々萎縮していては、いい仕事はできません。まずは、考え方を変え、上司の人間性に左右されない態度で仕事に臨む事が重要です。

 

上司は、仕事をくれる人と割り切る

上司に人間性を求めないとすれば、どう考えればいいのでしょうか。それは、「上司は、仕事をくれる人」と割り切る事です。

 

あなたが商店とすれば、上司は仕入れ先です。そうなるとあなたにとっていい上司とは、どんな上司でしょうか。そう、あなたにたくさん仕事を振ってくれる上司です。

 

こうなると上司の人間性は、無関係になってきます。あなたは上司から仕入れた仕事を、ひたすらこなすだけでいいのです。

 

しかし、普通にしていては、上司から仕事を仕入れる事はできません。上司から「こいつは、いっぱいいっぱいだな」と思われれば、仕事を頼まれる事はありません。

 

この場合は、「普段からあえて余裕を見せておく」事が重要になってきます。

実際は、全力で仕事をしていても、どこかで余裕を見せておく事で、より生産性の高い仕事を頼まれる可能性が高くなるのです。

 

では、今やっている仕事はどうすればいいのでしょうか。それは他の人に振ってしまえばいいのです。こうなると、あなたは仕事を仕入れるだけの人から、仕事を割り振れる人にランクアップできます。

 

より生産性の高い仕事に集中できるので、あなた自身の評価も上がります。当然、あなたから仕事を仕入れた人も、きちんと業務をこなせば評価が上がります。あなたの仕事イコール上司の仕事ですから、上司の評価も上がります。いい事ずくめなのです。

 

ホウレンソウは、斬進的に行う

さて、上司から仕入れた仕事をこなす上で大事なのが、「ホウレンソウ」です。

 

「ホウレンソウ」とは、職場で仕事をこなすために欠かすことが出来ない「報告」「連絡」「相談」のことを言います。

 

一番避けたいのは、途中の報告を省き、完成してからいきなり上司に持っていく事です。もし上司の考えと全く違ったものであれば、最初から作り直しを命じられるかもしれません。そして、その間の時間は無駄になり生産性は大きく低下してしまいます。

 

このような場合、プロトタイプを作り、ある一定の段階で上司のチェックを受けるようにします。

進捗を確認に来た部下を怒る上司はいません。進捗に行けば「もうちょっとここをこうすればいいよ」とか「おまえ、ここはちょっと違うよ」と言われるかもしれません。

 

いずれにせよ、その都度修正していけば最初から作り直すなど最悪のケースは避けられます。

 

怒られるとすれば上司の考えとは、全く違った物を持って行った場合です。その場合は、もう一度上司と仕事のコンセプトを確認する必要があります。

 

まとめ

ここまで読まれてきて、現在の上司に対して、できる事が意外にあるなと気づかれた方も多いと思います。確かに、転職に一度気持ちが傾いてしまうと、現在の上司との関係はおろそかになってしまいがちです。

 

しかし、在職中の会社で、「上司に対する3つのスキル」を身につけながら給料をもらっていると思えば、多少不満があっても現在の会社で能力を高めていく事は可能です。

 

もしかすると、今の会社であなたの評価が一変し待遇が改善され、転職しなくてよくなるかもしれません。この記事が、転職もしくは就職を目指す方の参考になれば幸いです。

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント