40代の人が気を付けたい面接マナー

40代の人の面接

40代の人に「面接のマナーは大丈夫ですか?」などと聞くのは、失礼極まりないことかもしれません。40代ともなれば社会人経験が豊富で、人に対する礼儀などわきまえているに決まっているからです。

 

ところが、そんな大人の40代の転職希望者の中にも、必ず面接マナーの失敗で面接に落ちてしまう人がいるのです。それはなぜなのでしょうか?40代の人が面接でやってしまいがちな失敗について徹底解説します。

 

この記事でわかること

  • なぜ40代の今、面接マナーの見直しなのか?転職エージェントが見た40代の転職事情から面接マナーの重要性をご説明します!
  • 40代転職希望者の面接マナーの失敗とはどのようなものか?転職エージェントが実際に見た、40代の面接マナー失敗チェックリストを大公開です!

 

40代だからこそもう一度見直したい面接マナー

40代ともなると社会人経験も豊富ですから面接マナーはばっちりと思われがちです。接客業や営業職など顧客を相手にする仕事をしている人は、それが商売ですから長年の経験からマナーがしっかりと体にしみついています。

 

ところが、顧客と接する機会があまり無い商品開発や工場での仕事などをしていた人は、40代にもなると仕事で接するのは部下や後輩など目下の人というケースがほとんどです。ですから、自然と横柄な態度が体に染みついてしまっている人が多いのです。

 

今回この話を聞いていただきたいのは、このような「普段の仕事で礼儀作法やマナーが無くても仕事ができてしまっていた人」です。正直、社会人を20年近く続けてきた人が、今更転職するにあたってマナーを学ばなければならない、などと言われてもピンと来ないでしょうし、何よりプライドが許さないと思います。

 

しかし、私が転職エージェントをしていた頃に、「今更マナー研修なんて受けてられるか!」と言った40代の転職希望者の方が、見事に面接に落ち続けた姿を何度も見てきました。面接に落ち続けてようやく自分のマナーの悪さを自覚し、渋々マナー研修を受けた人もいました。しかし、残念ながら「最初の方に受けた企業に入りたかった・・・」と後悔する人がほとんどだったのです。

 

転職活動を始める40代の人は、ぜひ、面接を受ける前に自分のマナーを見直してみましょう。長年の間に身についてしまった中高年の人特有の「尊大さ」や「横柄さ」は、そう簡単になくなるものではありません。だからこそ、早めに対策を打つことが重要なのです。

 

 

本項の『一目でわかる』ポイント

年を取ればとるほど尊大で横柄な態度になってしまいがちです。実際、40代の転職者には面接マナーの悪い人が多い

 

 

40代の人がやってしまいがちな面接での失敗

40代の人がやってしまいがちな面接での失敗とは、どのようなものなのでしょうか?新卒の人や20代、30代の転職希望者の面接マナーの失敗とはまた違った内容のNG行為が多いようです。

 

40代の人がやってしまいがちな面接でのNG行為の一覧を、まずはチェックしてみてください。

カテゴリー NG行為
面接のアポイント
  • 相手の都合を考えず予定を入れる
  • 何度も日程を変更する
  • 直前にキャンセルする
身だしなみ
  • スーツの裾のほつれやYシャツのしわなどがあり、全体的にだらしない印象がある
  • 体臭や口臭がきつい
  • かばんや靴が擦り切れてボロボロ
  • 安物のスーツやYシャツで、コーディネートがちぐはぐでおかしな格好をしている
面接会場での行動
  • 受付で「面接の予約してるんだけど」などと横柄な態度をとる
  • 椅子にどっかりと座る
  • 貧乏ゆすりなど見苦しい癖がある
  • 大きな咳やくしゃみをするなど見苦しい行動をする
話し方
  • 声が大きすぎる、または、小さすぎる
  • 語尾を上げるなどの不快な話し方をする
  • 相手の目を見ないで話す
  • 相手の話を聞かず、喋りまくる
面接後の行動
  • 部屋を出たとたん「あ〜あ!疲れた!」などと言ったり、電話で話したりする
  • 会社を出てすぐタバコを吸ったりコーヒーを飲んだりする
  • 面接のお礼状を書かない

 

いくつチェックできたでしょうか?一つでも当てはまったのなら、改善が必要ということです。

 

40代のマナーが悪い理由としては先ほどもお話しした通り、中高年特有の「横柄さ」や「尊大さ」です。40代になればある程度の社会的地位がありますから、周りの人に気を使われる立場だったかもしれません。しかし、面接の場では、こちらが気を使う立場になるのです。そのギャップについていけずに、ついつい普段の態度が大事な面接の場で出てしまいがちです。

 

また、身だしなみについても、年とともに見た目を気にしなくなってしまった40代の人はかなり危険です。普段の仕事がスーツだからそのまま行けばいいだろうと思う人が、より危険なのです。毎日スーツの人は、どうしてもスーツやYシャツがよれよれになったり裾がほつれたり穴が開いたりしています。

 

しかし、あまり見た目を気にしない人は、そのまま面接に行ってしまうのです。でも、ちょっと待ってください。そのスーツで大丈夫ですか?何年も使い古したスーツやYシャツ、靴やカバンで面接に行くと、ぱっと見とてもだらしない印象になってしまいます。面接は見た目が一番大事と言われていますから、面接に行く前にスーツを新調するくらいはした方がいいのです。

 

他にも、面接での態度に難のある40代の人はとても多いです。普段から部下を叱りつけ、取引先にプレッシャーをかけるような話し方をしていた人は、面接でもふとした時に出てしまうものです。

 

椅子にどっかりと腰掛け、上から目線で相手を威圧した話し方がどうしてもでてしまうという人は、自力で直すのは難しいかもしれません。そんな時は、マナー研修や面接リハーサルなど、転職エージェントが主催している研修やセミナーを活用するのがおすすめです。実際に、自分の話し方やマナーを講師に見てもらい、直接悪いところを指摘してもらうと驚くほど改善されますから、ぜひ行ってみてください。

 

 

本項の『一目でわかる』ポイント

40代で転職を決めたら、初心に戻って自分の面接マナーを確認しましょう。面接セミナーなどを活用するのも良い方法です。

 

まとめ 

  • 40代に差し掛かると周りに目上の人が少なくなり、自然と尊大で横柄な態度が身についてしまいます。そんな40代だからこそ、面接マナーの見直しが大事です。
  • 40代になるまでに長い時間かかって崩れてしまったマナーを直すためには、面接セミナーなどを活用すると良いでしょう。

 

 

 

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント