40代は転職エージェントなど利用するのが成功への近道

40代の転職の現状

厚生労働省によると国内のうつ病患者は1996年の43万3千人から、2008年に104万1千人に増加しています。この数字は働き盛りの40代も例外ではなく突然の会社の倒産や、思いもしなかった自分へのリストラなどのストレスから精神疾患を患うサラリーマンが急増しています。

 

会社の倒産やリストラが問題ではなく、次の新しい仕事を探そうと思っても困難を極めることが最大の問題です。たとえこれまでの仕事や職場がなくなっても次の新しい仕事や、職場がかんたんに見つかるのであれば何も問題はありません。

 

つまり今の世の中は求職と求人のバランスが悪く、特にこの傾向は40代以降の中年層にみられます。40代の場合は家のローンや子供の教育費など、最もお金が掛かる世代です。そのためこれまで年収600万円の人が、年収300〜400万円の仕事に就けるかというと難しいのが現実です。

 

40代で転職を余儀なくされる場合に給与をアップできたり、やりがいがある仕事に就けるなど一握りの人しかいません。多くの人は多少給与がダウンしても、自分の意に沿わない仕事でもいとわない覚悟です。しかしそれでもなかなか仕事が見つからないのが現実です。

 

 

転職エージェントがおすすめ

今回ご紹介する記事には40代の転職においては人材紹介の会社や、転職エージェントなどを利用するのが成功への近道と言えると書かれています。実際にそのとおりだと思いますがここで大事なことは、自分の市場価値を冷静に見極めることです。過小評価する必要もありませんが、逆に過大評価することも危険です。

 

40代での転職には、あまり時間を掛けられません。愛する家族のためにも一度、転職エージェントで相談されてみては如何でしょうか。

 

 

 

 

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント