40代転職サイト利用アンケート調査

転職サイト利用者アンケート調査結果
《調査概要》

 

《調査結果》

 

 

 

 インターネット上でアンケートを行う潟}クロミルによる「40代転職者の転職サイト利用状況調査」が発表されました。対象者は過去1年間で転職活動を行った435名です。

 

 「転職活動で利用した求人媒体を複数選ぶ」という設問に対し、トップに立ったのが「ハローワーク」の68.5%でした。次いで2位が「転職サイト」61.3%。以下「転職情報誌」35.6%、「人材紹介会社」27.3%と続きます。次の仕事が決まらず退職した場合、ハローワークには離職票の提出などが必要となるため、必然的に利用者が多くなるものですが、その中での転職サイトの健闘ぶりが目につきます。

 

 「利用した転職サイトを複数選ぶ」という設問については、「リクナビNEXT」117人、「リクルートエージェント」88人、「マイナビエージェント」68人、「はたらいく」43人、「マイナビ転職」35人という順位でした。他世代でのアンケートでもリクナビNEXTは不動の地位を築いており、根強い人気が伺えます。

 

 「利用した転職サイトに対する満足度について1つ答える」という設問について「とても満足した」サイトを見ていくと、トップは「リクルートエージェント」61%、「リクナビNEXT」54%、「マイナビエージェント」40%、「マイナビ転職」34%という結果になりました。利用した転職サイトでは2位に付けたリクルートエージェントがリクナビNEXTに差をつけトップに立ち、エージェント型転職サイトの強さを見せつけました。

リクルートエージェント評判


トップページ 40代転職成功までの全体の流れ おすすめ転職エージェント